“『H.STAND(エイチスタンド)』オープンまでの歩み 〜サロン名由来編〜”

2019年

 

どもー、こんにちは!

コヤジでっす👨🏽

 

さっこのお時間でっす

 

『H.STAND(エイチスタンド)』オープンまでの歩みブログ

 

今回は、

サロン名の由来について

ご説明させていただきますねー

 

H.STAND(エイチスタンド)とは

 

 

このロゴデザインにもその由来、コンセプトをたっぷりと詰めました

 

H.STANDの【H】の持つ意味とは??

 

お答えします💁‍♂️💁‍♀️

 

H.STANDの【H】とは、両端にある2本柱を真ん中の軸が架け橋となり色んなものを繋いでいく

 

色んな繋がりを大切にする場所がH.STANDであり、H.STANDから繋がりを広げていきたいという思いがあります

 

そんなストーリー性ある美容室にしていきたいと思います

 

これは、イメージであり本来の【H】が持つ意味とは異なるものかもしれません

 

コレはH.STAND(エイチスタンド)としての完全なる主観的な見方からのイメージのお話です

 

『H.STAND(エイチスタンド)』サロンコンセプト

 

・髪を通して人と人とが繋がっていく場所

・色んな方と繋がり支え合って成長していくサロン

・2つのデザインコンセプトを融合させてヘアデザインを作り上げていく

 

そんな思いから

『H.STAND(エイチスタンド)』と命名させていただきました

 

H.STANDのデザインコンセプト

 

“Luxe2店舗目オープンまでの歩み 〜デザインコンセプト編〜”

 

前にブログにてH.STANDのデザインコンセプトは述べさせていただきましたが

 

ここで改めて

H.STANDが世の中に発信していくデザインコンセプトは、

 

 

【urbantural】×【unusual】

(アーバンチュラル)×(アンユージュアル)

都会的で洗練された自然体に独自性をプラスするデザイン

 

『アーバンチュラル』という言葉も、『アーバン→都会的な』と『ナチュラル→自然体』を組み合わせて造った造語です

この2つのデザインコンセプトが混じり合い、組み合わせることでH.STANDにしか作り出せない唯一無二のデザインスタイルをお客様、世の中にご提案させていただきたい

そして時に2つのデザインコンセプトを対比させながらスタイルを楽しむということも同時にご提案させていただきたい

色んな形に変えながら、変幻自在にヘアデザインや美容室というものを発信し、楽しんでいただけるような空間作りをしたいと思います

 

これから世にH.STAND(エイチスタンド)という名前を広げていくなかで自信と誇りを持っていたいという思いから、このようなサロン名となりました

 

OPEN前からこだわりぬいたサロンになっていますが、まだまだスタートラインに立ててはないので

これからこの思いを思いっきり形にして発信していきますので、よろしくお願いします

 

最後に改めて場所を添付しますね

 

東京都渋谷区渋谷1-5-2 須藤ビル 101(1F)

 

 

H.STANDの場所をGoogle Mapで開く

 

ではでは〜

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
Tokyo Shibuya Hair Salon
"H.STAND(エイチスタンド)"

『H』が持つ意味...
両端にある2本の柱を繋ぐ1本の軸が架け橋となり、H.STANDが融合と絆を持たせていく

《サロンコンセプト》
・髪を通して人と人とが繋がっていく場所
・絆を大切に、たくさんの人で溢れる場所
・今までとは違う自分に出会える、創造する場所

《デザインコンセプト》
『urbantural』×『unusual』
・都会的で洗練された自然体に独自性を持たせる
・個が持つアイデンティティを最大限に引き出す


Salon HP : https://h-stand.com

Address: 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-5-2 須藤ビル 1F
(JR/東京メトロ 渋谷駅 13出口から徒歩5分)

TEL:03-6452-6330 (Reservation)
03-6452-6331 (Press&FAX)

Salon mail : salon@h-stand.com

《Opening hours》
Weekday 12:00〜22:00
Thursday 12:00〜20:00
Saturday 10:00〜20:00
Sunday,Holiday 10:00〜19:00

毎週月曜・第1.3火曜 定休
※祝日の場合は営業→翌日休業

Owner
小松 祐介(コマツ ユウスケ)
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡