“背中”

BLOG

 

どもー、こんにちは!

コヤジでっす👨🏽

 

昨日ブログアップしようとして

手が空いた合間を見つけては

少しずつ言葉を重ねて

いたら、、、

 

アップするの忘れてました( ͡° ͜ʖ ͡°)

最近、色んなことを頭ん中で考えているから

色々思いついては

今までやっていたことを忘れ

また思い出す

これの繰り返しです。。。

 

昔から忘れないように

大事なことや、やらなきゃいけないことは

携帯のメモに残しておくということを

してきたのだけど

最近は、そのメモ機能すら

忘れてます。。。

 

どこかのタイミングで”自分整理”の時間作ります( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

さて今日のブログいきまーす💨

 

 

よく教育論で

 

『教育や育成で自分の背中を見せる』

『先輩として背中を見せる』

『先輩の背中を見ながら走る』

 

自分も昔、先輩から言っていただいたこともあります

その当時は

『そんなことを言える先輩、カッコいい』

とか

自分がしっかりとやってなきゃ言えない言葉だったから

『そんな言葉を言える先輩になりたい』

とまで思い、その言葉自体にリスペクトしてました

 

でもそこから何年も時を重ね

自分自信が教育や育成に携わる立場になったときに

ふと感じたことがあるんですよねー

 

背中見せて誰がついてくる?

背中で語るとか…

背中見ながら追いつかれちゃダメじゃね?

 

って( ̄∇ ̄)

 

も、もちろん比喩表現なのはわかります

背中とは行動という意味である

そこもキチンとわかります

わかってます^ ^

 

ここからは完全な持論ね( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

先輩として背中を見せるではなく、背中が見えないくらい追いつけないような人になる

 

背中で語るではなく、結果で語れる人間になりたい

 

なぁーんて思います

 

圧倒的に何かをやりきってる人って

背中は見えないし

見えないように

めちゃくちゃ努力してるんですよねー

 

だから背中は見せない

(誰も見てないけどw)

 

結果で語れる人間になったら

必然的に誰かが真似をして

走ってくれてるんじゃないかな?

 

なんかそんな人間になりたいなぁー

って思った話ですwww

 

新店舗は、確実にこんな教育論が

店舗の指針になるんじゃないかな?

 

ご静聴ありがとうございました🤤

 

ではでは〜

 

 

【Hair Salon ・ Luxe(ラグゼ)】
東京・表参道 青山に店舗を構えるこだわり抜いたインテリアが自慢の隠れ家サロン。

【対比=CONTRAST】と【既成概念の打破】がサロンコンセプト。
1人1人の髪質やイメージを加味し、トレンドをおさえた【似合わせ】をテーマに個々のライフスタイルに合わせてヘアスタイルを提案します。

《営業時間》
〈Weekday 〉 am11:00-pm21:00
〈Saturday 〉 am10:00-pm20:00
〈Sunday.Holiday 〉 am10:00-pm18:00

月曜・第1、第3火曜定休日
⚪月曜祝日の場合は営業⇒翌火曜日営業
他・個人休 月2日有

《住所》
〒107-0062
東京都港区南青山4-21-23 宮田ビルB1

《TEL》
03-5414-5588 (予約専用)
03-5414-5596 (press&fax)

Salon Director
小松 祐介(コマツ ユウスケ)